プロのJC120セッティング総まとめ

エレキギターを弾くうえで、必要不可欠になるのがJC対策です。

正直扱いにくいけれど、何処にでもあるので、これで好みの音を出せるようになれば、非常に精神的によろしいですからね。

で、これについてはいろんな人が色んなことを言っていて、なかなか決めかねる部分はあると思います。

一応、近時の『多数説』では、回路図を解析の結果、ベース0・ミドル10・トレブル0がフラットという話ですが、この辺りも定かでは有りません。

もちろん、自分的にもノウハウはある訳ですが、ここで『その辺のスケベなアラフィフ素人ギター弾き』が偉そうに意見を述べても始まらないと思うので、プロの方々等の意見を集約してみたいと思います。

田渕ひさ子氏のJC120セッティング

ご自身のツイッターで、写真付きでJC120のセッティングを公開してらっしゃいましたので、特に参考になる部分を引用させていただきました。

久々のJCだったけど、いい音だった。
ハコのアンプはいつもマーシャルを使うことが多いけど、それに比べてJCは、ツブが荒くて真ん中が硬い印象。タイトな感じ。それはそれでいい音!
設定はこんな感じ。ch1のhighに、そんでBDを踏みっぱなし。

その時は、BOSSのBD-2JOYOのDeluxe Crunchをつないでいたらしく、各々のセッティング図もアップされてました。BD-2・Deluxe Crunchの順に引用させていただきます。

大雑把ですけど、こんな感じです(^ ^)

大雑把ですけど、こんな感じです(^ ^)

その他の情報としては、ブライトスイッチについては、「確か…オンです!」とのことで、その他、ご自身のセッティングについて、以下のようにコメントしてらっしゃいました。

JCはパワーがあるので、
アンプvol下げめ、BD上げめにしないとその後のディストーション踏んだ時バカでかくなってしまうんですー!
アンプ、BD、ブースト、の3つで音量のバランスを考えてますー!
その日使うアンプの種類でかわります

※ツイッターの原文へのリンクはこちら⇒田渕ひさ子氏のTwitter

田渕ひさ子氏のセッティングは、EQがすべて下げ目な点が特徴的ですが、次に挙げるイケダ ヨシノリ氏のセッティングに通じる部分が有りますね。

イケダ ヨシノリ氏のJC120セッティング

プロの間でも愛用者の多いNUDE CABLE作成者のイケダ ヨシノリ氏が、ご自身のHPの中でアンプ直でロック系の音を出すためのJC120のセッティングについて解説してらっしゃいます。

⇒【プロの音作り直伝】定番アンプ”JC-120″でガッツのある音を出そう!

これは、ロー差し・EQ下げ目にして、その分ヴォリュームを上げる点が特徴的ですね(ペダルを使う場合は、ディストーションはオフで良いと思います)。

これに近い発想で、(何ゆえか知りませんが)北海道チューニングと呼ばれるセッティングが有るそうです。

  1. まずはEQを全部0に
  2. チャンネル2に繋いで、ディストーションを全開に
  3. 次にヴォリュームを適当な位置まで上げる
  4. 最後にEQを少しづつ上げていって調整

という手順で行うもので、JCを積極的に歪ませていくという珍しい発想ですね。

小岩ファンクのケンケン氏、ジャズコーラスについて語る

ギター・エフェクター・アンプについて楽しい情報をYouTubeで発信して大人気の小岩ファンクで、ジャズコについて語る動画を配信しています。

因みに動画中でケンケン氏は、『正直扱いずらい』といいつつ、ご自身のセッティングとして、ローはほぼ0・ミッド5・トレブルは0から調整と語っていました。

また、「フルテンで凄いいい音を出していた人がいた」という旨を語っていまして、これについてはYouTubeでおなじみのギタリスト西尾知矢氏がちょっと関連する動画を挙げています。

⇒ROLAND「JC-120」をフル10にしたら真の力が発揮されるのか試してみた結果

また、本で読んだ記憶なので信ぴょう性は?ですが、ギターウルフのセイジ氏が、「アンプは箱に備え付けのもの(ってことはJC120の可能性大)で、つまみは全部フルテン」と答えていた気がします。

ソエジマトシキ氏によるJC120クリーントーンセッティングのコツ

YouTubeで動画をアップしているギタリストの方々も、JC120についての動画をアップしている方が何人もいらっしゃいますが、その中からソトジマトシキ氏の動画を挙げておきます。

いくつか見た中で、一番音質が明瞭なため、セッティングの変化に伴う音質変化も分かりやすかったです。

今まで割とトレブルを挙げる人が少ない中、結構トレブルを結構上げている点が特徴的ですね。あと、ギターのボリューム7位を前提にするというのも斬新です。

菊田規浩氏お勧めのポリトーン風JC120セッティング

ジャズギタリストの菊田規浩氏は、ご自身のツイッターの中で、フルアコを弾く人に向けて、JC120がポリトーン(有名なジャズ用ギターアンプ)風になるセッティングを示してくれていますので抜粋します。

Dear Archtop guitarists,

Roland jazz chorus was not my rig until today.

BUT!

Try this setting:
Input > low
Treble > 5 ish
Mid > 0 ~ 1 ish
Bass > 0
Reverb > 0

You’ll get the sounds which pretty close to Polytone’s.

You are welcome.

※ishは『位』の意味です。
※ツイッターの原文へのリンクはこちら⇒菊田規浩氏ツイッター

ミドル・ベースがほぼ0で、トレブルが上がっている点が特徴的ですが、ジャズではフロントピックアップを使ってトーンを絞って弾くことから、このようなセッティングになっているものと思われます。

その他:ギター・マガジン2017年1月号JC特集

ギター・マガジン2017年1月号は、ジャズコーラスの特集が組まれていて、その中で向井秀徳氏・TAKUYA氏・真鍋吉明氏・吉野寿氏等の17人のプロ・ギタリストがJCセッティングを披露してくれています。

これを色々試してみることは、ご自身のJC120対策に極めて有効だと思いますね。

この原稿を書いている時点では、Kindle Limited会員なら無料で読めますが、この手のものは紙媒体で購入しておくのも手かな?と思います。


⇒amazonギター・マガジン2017年1月号の商品リンクへ

 

コメントを残す